TRINNOV AUDIOハイエンドなアクティブシステム

2017/04/29

今、最も先進的で完璧なシグナルプロセッサー/プリアンプトリノフ・アルティチュード
将来に向けたアップデートにも対応し続けるため、DSPではなくPCベースの構造を持つ。
16/24/32チャンネルoutのモデルがあり、システムの規模に合わせ選択が可能、24bit
192khzでプロセッシングを行い、アクティブクロスオーバー・EQ・マルチチャンネル
プロセッサーの機能を備えている。
今年5月には「Roon」に対応したネットワークプレーヤーの機能もプラスされるらしい。
LINNクライマックスDSM+EXAKTBOXを組み合わせたマルチチャンネルシステム版
のような製品。

名称未設定-5

DOLBY ATMOS DTS Xに対応し、さらに将来にわたり進化をしつづけます。

 

名称未設定-6

トリノフの大きな特徴は、この3Dマイクロフォンで各スピーカーの位置を把握し、FIRで
位相を整える事が出来る、今までにない画期的なプロセッサーなのです。

名称未設定-1

まさに3D(3次元)の音像定位が可能になります。
ホントビックリな感じになります。

名称未設定-3

 

この記事のカテゴリ:オーディオ, ニュース, ホームシアター

ページの先頭へ